小平奈緒の優勝は韓国でどう報じられたか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

平昌(ピョンチャン)オリンビックのスピードスケート女子500mで悲願の金メダルを獲得した小平奈緒。彼女の優勝は韓国でも大きく伝えられた。主要なメディアの記事を通して、韓国での報道ぶりを見てみよう。

小平奈緒の優勝を伝える2018年2月19日付けの『日刊スポーツ』

美しきフィナーレ

オリンビックのスピードスケート女子500mといえば、韓国では李相花(イ・サンファ)が「氷上の女帝」と称賛されてきた。過去に、2010年バンクーバーと2014年ソチで2連覇。地元で迎えたオリンピックで3連覇の期待がかかっていた。結果的に、李相花は小平奈緒に次ぐ2位となった。
3連覇がならず残念な気持ちが韓国の報道に表れていたのは確かだが、それ以上に小平奈緒と李相花の友情物語をどのメディアも熱く伝えていた。




「李相花の涙、小平の慰労。美しきフィナーレ」という大見出しを掲げたのが『聯合ニュース』だ。記事は次のように伝えている。
「李相花と小平奈緒が、2018年平昌オリンピックの最大ライバル対決を美しい涙と慰労で終えた。最後の16組が競技を終えて順位が確定した後、リンクを回りながら観衆に挨拶をしていた李相花のもとに小平が近づいてきた。小平は李相花に慰労の言葉をかけて、李相花は涙を流して小平に感謝を伝えた。そして、小平と李相花は手をつなぎながらリンクを回った。この日、競技の前まで2人の選手の間に厳しい緊張感があったのは確かだ。しかし、競技が終わった後、温かい涙と慰労のやりとりをしながら、2人は親しい同僚選手に戻ったのだ」(ページ2に続く)

韓国のメディアは羽生結弦の優勝をどのように伝えたか

感慨深い!『冬ソナ』のロケ地で五輪が開かれる

『冬のソナタ』を撮影した龍平(ヨンピョン)リゾートで平昌五輪開催!

平昌(ピョンチャン)五輪では日本選手が大活躍する!?

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る