韓国のメディアは羽生結弦の優勝をどのように伝えたか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国のメディアは平昌(ピョンチャン)オリンピックでは当然ながら自国の選手の活躍を大々的に報道しているが、羽生結弦の優勝に関しては別格の扱いで大きく伝えている。そのことは、彼がいかに韓国でも注目されているかを証明していた。

羽生結弦の優勝を大々的に報じる2月18日付けの『日刊スポーツ』

感激の涙

羽生結弦の優勝を情緒的に報じたのが『ソウル新聞』だ。
記事は次のような内容だった。
「アジアのフィギュア選手として初めてオリンピック2連覇が確定した瞬間、羽生結弦の目は涙で光った。昨年、致命的な怪我を負いながら、男子の最強であることを再び証明したあとに流した感激の涙だった」




韓国を代表する通信社の『聯合ニュース』は、羽生結弦の記事を一面トップで大々的に報道している全国紙をたくさん集めた写真を載せて、日本がいかに羽生結弦の快挙に熱狂しているかを視覚的に伝えた。
『ヘラルド経済』は、「羽生結弦はその容姿とは違って平素から自信にあふれた性格を持っていることで知られている。特に、ぬいぐるみが好きなことでも有名だ」と報じながら、そのスター性を熱く紹介していた。(ページ2に続く)

感慨深い!『冬ソナ』のロケ地で五輪が開かれる

『冬のソナタ』を撮影した龍平(ヨンピョン)リゾートで平昌五輪開催!

平昌(ピョンチャン)五輪では日本選手が大活躍する!?

平昌五輪は韓国の地方文化を知る絶好の機会!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る