秀麗なジニョン!『雲が描いた月明り』でユンソン役を好演

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最近の韓国時代劇はイケメンの俳優を数多く出演させる作品が増えたが、『雲が描いた月明り』もその1つだった。主役はパク・ボゴムだったが、劇中でライバルとなるユンソンを演じたジニョン(B1A4)も存在感が際立っていた。

事前にしっかり勉強!

ジニョンが『雲が描いた月明り』で扮したキム・ユンソンは、名門一族のエリート官僚という役柄だった。
朝鮮王朝の両班(ヤンバン)の御曹司というのは、かならず科挙(エリートを登用するための官僚採用試験)に合格しなければいけないので、幼い頃から儒教の素養を徹底的に仕込まれる。なぜなら、科挙の試験問題は科挙の知識を問うものばかりだからだ。




それゆえ、御曹司に扮するとなれば、何よりも知性があふれる演技をしなければならない。そうでなければ、役柄が嘘っぽくなってしまう。
その点で、ジニョンの演技は申し分がなかった。彼は「いかにも朝鮮王朝時代の御曹司」という雰囲気を自然体でかもしだしていた。
実際、ジニョンは1月21日に東京で行なった記者会見で、ユンソンという役を演じた感想をこう述べた。
「演じるにあたって事前にしっかりと勉強しました。時代劇という自分が生きたことのない時代を演じますし、昔の言葉づかいや服装に不慣れな部分もあったので多少苦労もしました」(ページ2に続く)

究極の犠牲愛!『雲が描いた月明り』のユンソン

『雲が描いた月明かり』の時代1【主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?】

キム・ユジョン!『雲が描いた月明かり』で大人の女優に成長

パク・ボゴムがイ・ヨンを演じた『雲が描いた月明り』の重要な歴史解説!

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る