2PMテギョンのように一等兵になると軍務はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2017年9月4日に入隊した2PMのテギョン。彼は、新兵訓練で優秀な成績をおさめたが、それが終わった後に第9師団に配属されて、現在は新兵教育隊の助教として軍務に励んでいる。

新兵たちの良き兄貴分

テギョンが担当している助教とは何か。
これは、新兵訓練隊で教官の下について様々な実務を行なうアシスタントである。
たとえば、新兵訓練に使う道具や武器を準備したり、教官と新兵の間に入って様々な連絡を行なったり……。
言ってみれば、入隊したばかりで右も左もわからない新兵に対する兄貴分的な役割を果たすのである。
もちろん、新兵たちの相談役としても大いに頼りにされていることだろう。




特にテギョンの場合は、年齢が通常の新兵に比べてかなり上なので、そういう豊富な社会経験も役立ってはずだ。
芸能人が兵役に就くと助教になる人が多いのだが、テギョンの場合も、うってつけの配属だったと言える。
なお、2017年9月4日に入隊したテギョンは、12月には二等兵から一等兵に昇級している。入隊から3カ月経つと、原則的に一等兵になるからだ。
さらに、一等兵を7カ月行なうと、次の上等兵に昇級していく。(ページ2に続く)

「助教」は2PMのテギョンにふさわしい兵役!

韓国の兵役法は社会服務要員をどのように規定しているか

現役兵を除隊しても兵役はまだ終わらない

韓国の兵役は時代の流れでどう変わったか

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る