日韓政治問題に翻弄されない「頼もしき韓流」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファン層が広がった韓流

2012年8月、当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が竹島(韓国名は独島〔トクト〕)に上陸して、日韓関係は政治的に悪化した。
2013年2月に就任した朴槿恵(パク・クネ)大統領は「慰安婦問題の進展なくして日韓首脳会談を行なわない」という頑固な姿勢で、日韓の外交は大いに損なわれた。
政治がひんぱんに日韓友好の障害となる。それによって、韓流への関心が薄れる人がいる。その結果、一時的に韓流がすたれたかのような現象も起こる。しかし、その現象のほうが「一時的」だったのだ。
離れた人より残った人のほうが圧倒的に多かった。さらには、新しいファンが増えてきた。特に、10代の女性たちがK-POPに高い関心を寄せている。韓流はファン層を広げているのだ。




今、韓国では空前の日本ブームが起こっている。2017年には国民の7人に1人が日本を訪れている。こんなに高い割合で次々に日本に来る国民は他にいない。それほど韓国には「日本に行ってみたい」という人が多い。
その反面、日本から韓国へ行く人の割合は70人に1人ほどだ。韓国とは10倍の開きがある。しかし、主な理由は北朝鮮問題だ。緊張が緩和されれば、再び多くの日本人が韓国を訪れるようになるだろう。
政治によって韓流が翻弄された時期が確かにあった。それは間違いない。しかし、今の韓流は、政治を乗り越えて独立したエンタメとしての強さを備えている。
今後も「頼もしき韓流」が日本の多くのファンに支えられて定着していく。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。両親が韓国・済州島(チェジュド)出身の在日韓国人2世。韓国の歴史・文化・社会や日韓関係を描いた著作が多い。韓流雑誌の編集長も10年以上務めた。近著は『朝鮮王朝と現代韓国の悪女列伝』(双葉社)。

韓国の哀しみは韓国にいないとわからない

〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

韓国ドラマの根幹をなす「恨(ハン)」とは何か

韓国社会における「対立」の構造について

ページ:
1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る