韓国社会における「対立」の構造について

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマは概して回数が多い。日本のドラマは10回完結が多いが、韓国のドラマは短くても20回で、50回前後のドラマがザラにある。なぜ、これほど回数が長いドラマをたくさん作れるのか。それは、ストーリーの中に「対立」が随所に散りばめられているからである。

 

対立軸を明確にする

韓国ドラマでたまに見かけるのが、女性同士が髪を引っ張りあって大喧嘩する場面だ。日本のドラマでは見られないだけに、最初に見たときは本当に驚いた。
しかし、何度も見ていると、「驚き」よりも「あそこまで争うエネルギーの秘訣」が知りたくなる。
体面を保つための争いは、かくも壮絶なのである。




そういう場面は極端としても、韓国ドラマには様々な対立が現れてくる。
息子を溺愛する姑と、その息子と結婚した嫁の対立。
人生の成功に対する価値観が違う兄弟同士の対立。
1人の異性の愛を奪い合う友人たちの対立。
仕事のうえでプライドをぶつけあう同僚同士の対立。
このような対立をドラマは執拗に描いていく。
つまり、登場人物たちの対立軸を明確にするのが韓国ドラマなのである。(ページ2に続く)

韓国は昔も今も事大主義?

現代韓国の問題点/韓国の今を考える1

韓国で芸能界をめざすのはハードルが高すぎる

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る