韓国の哀しみは韓国にいないとわからない

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)は、9月下旬に韓国を訪ねて、ソウルから地方まで韓国らしい秋の風情を味わった。ケジャンやチゲを堪能して人情あふれるもてなしを受けたのだが、いま振り返ってみれば、やはり韓国が置かれている立場を考えざるをえない。

中国の影

韓国の秋の空はどこまでも澄んで美しい。
まさに「天高く……」という表現がぴったりだ。
しかし、2017年は9月下旬の晴れた日でも、「あの、いつもの空」が見られなかった。
「中国の大気汚染の影響ですよ」
ソウルに住む人がそう言った。




もう一度、秋の空を見上げてみる。抜けるような透明感がない。
中国の大気汚染の影響なのかどうかはわからない。言っている人にも明確な根拠があるとは思えないのだ。
しかし、あれほど黄砂がソウルにやってくるのだから、北京を曇らす汚染物が風に運ばれてきても不思議ではない。
それよりも、なんでも中国のせいにする韓国の人の言い方が妙に心に残った。
歴史の積み重ねが、それを言わせるのではないのか。2000年以上にわたって中国の影に怯えてきた過去が、現在の韓国人にも感情の澱(よど)みをもたらしている。(ページ2に続く)

〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

韓国人が考える本当の「謝罪」について

韓国ドラマの根幹をなす「恨(ハン)」とは何か

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る