兵役では現役兵の軍務を終えて除隊した後にどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

通常の理解なら、現役兵になって規定の21カ月の軍務を終えれば、兵役は終了したものと考えてしまう。しかし、実はそうではない。韓国では21カ月の軍務を終えることを「除隊」ではなく「転役」と言う。兵役の種類が変わるという意味。つまり、まだ兵役は続くのである。

動員訓練では射撃の腕を取り戻すことに主眼が置かれる

動員訓練では射撃の腕を取り戻すことに主眼が置かれる

戦時と平時では違う

21カ月の軍務を終えた人は社会に復帰していくが、軍に籍はまだ残っている。今度は「予備役」に編入されるのだ。
この予備役とは何か。




戦争が起こってしまったときに、再び銃を持って現役兵になる人たちのことだ。しかし、戦争がなければ、そのまま社会で一般人として活動していくのである。
そういう意味で、予備役とは戦時と平時でまったく違う役割を担うことになる。だが、韓国は北朝鮮と厳しく対峙しているので、予備役の役割も重要だ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る