早く見たい!『師任堂(サイムダン)、色の日記』(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『宮廷女官 チャングムの誓い』以来、13年ぶりにイ・ヨンエがテレビドラマに主演することで注目されるドラマ『師任堂(サイムダン)、色の日記』。その共演者も、ソン・スンホンを初めとして大物揃いである。

UPI9MUMN7Gf6nYP1471507907_1471507936

波瀾万丈の物語

ドラマ『師任堂(サイムダン)、色の日記』では、イ・ヨンエが1人2役に扮する。朝鮮王朝時代に「良妻賢母の鑑」と言われた申師任堂(シン・サイムダン)と、現代の大学講師の両方を演じるのである。物語は、現代の大学講師が偶然に申師任堂の日記を見つけ、そこに書かれた秘密に迫っていくというもの。現代と過去が交差しながら、物語は波瀾万丈の展開に持ち込まれていく。




イ・ヨンエは、「世界中のすべての女性が共感できるでしょう」と出来ばえに自信を持っている。

彼女がそこまで言い切れるのは、撮影が本当に順調に進んで今年の6月に終わっているからだ。余裕を持った撮影スケジュールでドラマの完成度も一気に高まった。

さらに、イ・ヨンエが手応えを感じたのは、共演陣の充実ぶりだ。確かに、すばらしい俳優たちが揃っている。(ページ2に続く)

申師任堂(シンサイムダン)の堂々たる人生!

申師任堂(シン・サイムダン)はどんな女性だったのか

早く見たい!『師任堂(サイムダン)、色の日記』(前編)

話題作『師任堂(サイムダン)』でイ・ヨンエが演じる女性は?

平昌五輪開催の江陵(カンヌン)!ここは申師任堂(シンサイムダン)の故郷

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る