早く見たい!『師任堂(サイムダン)、色の日記』(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イ・ヨンエが13年ぶりにテレビドラマに復帰するということで話題になっているドラマ『師任堂(サイムダン)、色の日記』。過去に、これだけ期待された作品があっただろうか。今秋の放送が本当に待ちきれない!

aFI_x9VzMDMvHjV1471506599_1471506630

完成度が高い作品

日本で韓国時代劇のブームを作った記念碑的なドラマといえば、それはもちろん『宮廷女官 チャングムの誓い』。その作品で主役を堂々と務めたイ・ヨンエが、久しぶりに『師任堂(サイムダン)、色の日記』でドラマの世界に戻ってくる。

昨年から行なわれていた撮影は、今年の6月にすべて終えている。




韓国ドラマは通常、放送と並行して撮影されるのが当たり前なのだが、『師任堂(サイムダン)、色の日記』に関しては完全な事前制作。中国との同時放送を可能にするために、そうした制作システムになったのだが、事前制作の場合は作品の完成度が高まることは間違いない。

実際、プレビューを見た人から絶賛が相次いでいる。それほど素晴らしい出来になっているのだ。(ページ2に続く)

申師任堂(シンサイムダン)の堂々たる人生!

申師任堂(シン・サイムダン)はどんな女性だったのか

これぞ話題の大型時代劇!『師任堂(サイムダン)、色の日記』

話題作『師任堂(サイムダン)』でイ・ヨンエが演じる女性は?

平昌五輪開催の江陵(カンヌン)!ここは申師任堂(シンサイムダン)の故郷

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る