東方神起ユンホが所属する軍楽隊のすべて(中編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

東方神起のユンホは第26師団の軍楽隊に所属している。一般的に、韓国軍における軍楽隊はどのような構成を持ち、どんな楽器の編成になっているのか。前回に引き続き、「軍楽隊のすべて」の中編をお届けしよう。

写真=韓国陸軍公式サイトより

写真=韓国陸軍公式サイトより

個人練習が絶対に欠かせない

まず、前回の前編をコンパクトにまとめてみる。陸軍の軍楽隊にはA級軍楽隊、B級軍楽隊、C級軍楽隊の3種類があり、ユンホが所属しているような師団所属の軍楽隊はC級である。

●C級の場合、構成メンバーは25人ほどで、軍楽隊長は中尉から少領(少佐)くらいの階級の人が務めている。

●隊員は5~7人くらいの分隊に分けられ、分隊ごとにそれぞれの生活館(兵舎のこと)で日々を過ごす。

●師団に所属するC級の軍楽隊は、新兵訓練中の兵士の中から選抜されることが多い。つまり、A級やB級のように入隊前の選抜試験に合格しているわけではないのだ。

●ユンホの場合、「打楽器の軍楽隊員」として第26師団の軍楽隊に入っている。




以上のことを頭に入れて、中編に進んでいこう。

師団の軍楽隊員というのは、音楽大学の学生とか音楽を専門的に学んでいるとか、そこまでプロ的ではない。「趣味として楽器をやっていた」という人が新兵訓練中に選ばれるケースが多い。

それだけに、軍楽隊員になったあとの個人練習がとても重要になる。わかりやすくいえば、昼間の全体練習だけでなく、夕食後の休憩時間を使って個人練習にも相当励まなければならない。

そういう意味では、軍隊にいても音楽漬けと言っていい。音楽好きな人にとっては「望むところ!」という気分に違いない。
(ページ2に続く)

東方神起ユンホが所属する軍楽隊のすべて(後編)

兵役で芸能人がよく所属する軍楽隊とは何か(再読版)

これだけは知っておきたい「兵役の基本」!

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

芸能人の兵役が気になったらまず知るべき基本知識!

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る