最高のスタートを決めたイ・ビョンフン監督最新時代劇『獄中花』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『宮廷女官 チャングムの誓い』や『トンイ』『イ・サン』など、数々の韓国時代劇で大ヒットを続ける巨匠イ・ビョンフン監督。同監督の最新時代劇『獄中花』の韓国放送が始まり、序盤から高い人気を集めている。今回はその人気の秘密に迫る。

1111

 

序盤を成功に導いた3つのポイント

4月30日、韓国MBCでイ・ビョンフン監督最新作『獄中花』が放送開始した。

本作は、獄中で生まれた天才少女オンニョ(チン・セヨン)と、商団に所属するミステリアスな人物ユン・テウォン(コ・ス)を中心とした本格時代劇。軽快に進むシナリオと、俳優たちの熱演も相まって、初回放送から17.3%と非常に高い視聴率を獲得した。

放送初回からこれだけ高い支持を集めたのには3つの理由がある。

まず、「イ・ビョンフン監督の作品」だということ。

イ・ビョンフン監督の作品に共通するのは、「どんな困難を前にしても諦めずに努力する主人公のサクセスストーリー」と明確なハッピーエンドだ。呆れるほどの王道作品なのだが、それだけに大きな外れがない。どの作品を見ても「イ・ビョンフン監督なら大丈夫」という気持ちにさせてくれるのはさすがだ。

続いて、同時間帯前番組『結婚契約』の好調を引き継いだこと。




『結婚契約』は、この世の価値は金と考える男と、人生のどん底に陥った女性の恋を描いた。人気俳優イ・ソジンとAfter Schoolのユイが送るどこか切ないラブストーリー。初回から17%を超える視聴率を獲得して、最終回も22.4%の高い記録を残した。

『獄中花』の第1話は、『結婚契約』視聴者が継続して見ていた可能性が高く、ドラマ人気にとって大きな追い風になったことは間違いない。

最後は、主要キャストの豪華さだ。

ヒロインのオンニョ役には、『ドクター異邦人』で抜群の演技力を見せたチン・セヨンが扮して、男性主人公ユン・テウォン役には 『クリスマスに雪は 降るの?』のコ・ス がキャスティングされたのも大きい。特に、コ・スは最近では映画をメインに活動していて、ドラマ出演は『黄金の帝国』以来3年ぶりになる。その他にも、キム・ミスク、チョン・ジュノ、チョン・グァンリョルなど、実力派俳優たちの多くキャスティングされている。

監督・前番組・豪華キャスティング。

すべてが『獄中花』のスタートダッシュに大きく貢献したのだ。(次ページへ)

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」
https://goo.gl/Nd14i6

『オクニョ』が描くのはどんな時代?
https://goo.gl/qh5AVg

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場
https://goo.gl/nsHKgb

尹元衡(ユン・ウォニョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場
https://goo.gl/BEcbAo

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る