日本のコリアをゆく(広島・鞆の浦編1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸時代の朝鮮通信使

DSCF0785

江戸時代に朝鮮通信使がよく立ち寄った福禅寺

私はゆっくりと狭い坂道をのぼって福禅寺に向かった。この寺と朝鮮通信使の関係に思いを馳せながら……。

朝鮮半島に未曾有の被害をもたらした「文禄・慶長の役」は、1598年に秀吉の死をもって終結するが、関ヶ原の合戦に勝利して江戸に幕府を開いた徳川家康は、朝鮮王朝との関係改善を願った。

国内を安定させるためには、隣国と良好な関係を早く築くことが必須と考えていたし、外交使節を迎え入れることで徳川幕府の正統性を示そうとしたのである。

率先して和議の仲介役となったのが対馬藩で、粘り強く国交再開を朝鮮王朝に働きかけた。この藩は朝鮮半島との交易がなければ存続できなかったからである。

当初は朝鮮王朝の憎悪も激しかったが、誠実さをもって捕虜の送還に尽力したことが次第に評価されるようになった。また、家康の軍勢は朝鮮出兵の際に出陣地だった九州の名護屋までは行ったが、そこから海を渡ることはなかった。秀吉からの出陣命令が出なかったことが、後の和平のときに追い風となった。




朝鮮王朝も日本との和議に異存はなかった。国土を復興させるためには、日本と平和的な関係を築くほうが得策だったのだ。

1607年に第1回目の使節が朝鮮半島から来日し、両国の間で再び交流が始まった。最初の3回は戦後処理を主な目的としており、正式には「回答兼刷還使」と呼ばれた。徳川幕府からの来日要請に対する回礼という意味で「回答」を使っており、同時に、日本に連行された捕虜を連れて帰る「刷還使」を兼任していたのである。正式に朝鮮通信使という名称になるのは第4回目からである。

その第4回目は泰平祝賀、第5回目は将軍家の嫡男誕生祝賀が来日目的だったが、第6回目以降はすべて、将軍の襲職祝賀を名目として来日している。つまり、朝鮮通信使が定例化されてからは、「御代替祝儀の信使」であったわけだ。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
 ・東方神起の兵役
 ・イ・ミンホの兵役
 ・2PMテギョンの兵役
 ・スター兵役情報
 ・社会服務要員
 ・義務警察
 ・兵役の一般知識
●韓流スター
 ・東方神起
 ・防弾少年団
 ・スタートピックス
 ・スター物語
●ドラマ情報
 ・ドラマトピックス
 ・話題作
 ・「テバク」
 ・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝 
●歴史物語
 ・光海君/仁祖
 ・貞明公主
 ・時代劇の登場人物
 ・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
 ・コラム
 ・ヒボン式ハングル
 ・韓国のビックリ
 ・韓国情報
 ・韓国料理
●紀行/対談
 ・韓国紀行
 ・日本のコリアを行く
 ・対談
●ロコレ?/会社概要
 ・ロコレとは?
 ・会社概要

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の共通性を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る