日本のコリアをゆく(百済寺跡・鬼室神社編1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

百済王神社に向かう

U-5D

大阪と京都を結ぶ京阪電車。

車窓からの景色もよく、私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)が好きな私鉄の一つだ。

その京阪電車の特急に大阪市内の京橋駅から乗って京都方面に向かうと、最初の停車駅が「枚方(ひらかた)市」である。

京橋駅から15分ほどの乗車時間だ。

この駅で京阪電車の交野線に乗り換え、南に向かうと一つ目の駅が「宮之阪」。高架の駅舎から小高い丘がいくつも見えている。大阪府の東北端に位置するが、起伏が多い土地なのである。




駅を出てから前の通りを左に向かい、一つ目の信号を右に曲がると、そこから曲がりくねった上り坂が始まる。

坂の上からは、下りを利用してスピードをあげた自転車が次々と走ってくる。警戒心が働いて、のんびり歩いていられない。前方を注視しながら坂をのぼっていくと、5分ほどで左側に石畳の階段が見えてきた。

階段の左側には「史蹟 百済寺跡」と書かれた古い石柱が立っている。ゆっくりと階段を上っていく。

静寂の中で、なんとなく時間が止まったかのような錯覚を覚える。

感覚がまどろんでくる。

やがて百済王神社に出た。
(ページ2に続く)

日本のコリアをゆく(百済寺跡・鬼室神社編2)

日本のコリアをゆく(百済寺跡・鬼室神社編3)

日本のコリアを行く(埼玉・高麗編1)

日本のコリアをゆく(広島・鞆の浦編1)

日本のコリアをゆく(静岡・清見寺編1)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る