イ・ミンホ 新世界を見つけたスター

このエントリーをはてなブックマークに追加

繊細な演技力に定評がある

K1-4

現在の韓国芸能界はまさに戦国時代だ。1人のスターが独走するのではなく、多数のスターが個性を競い合いながら、ファンを魅了している。その中でも、イ・ミンホが着実な人気を得ている。

何よりも、韓国で俳優は単純な芸能人ではなく、羨望の対象だ。モデル、ミュージシャン、タレントなど他の芸能界の人たちとは違って、自立した芸術としての価値を認められている。

そして、多くの人が俳優になるために挑戦するが、成功するのはごくわずかだ。その中でチャンスをしっかりモノにしたのがイ・ミンホだった。

彼は、高校時代から俳優になることを決心し、芸能事務所を訪ねた。そして、演技トレーニングと適切な進路指導を受けた。

2006年にドラマ『秘密の校庭』でデビューし、ドラマ『走れサバ』(サバとは高校生を指す俗語)、『アイ・アム・セム』、映画『カン・チョルジュン 公共の敵1ー1』などに出演した。




確かに主役ではなかったが、デビュー以来たえず多くの作品に出演できたのは、彼が早くから所属事務所を通じて演技活動をしていたからだ。そして、『花より男子~Boys Over Flowers』で大ブレークした。

初めて『花より男子』のキャスティングが発表されたとき、他の出演者に比べて認知度が高くなかったイ・ミンホについて、懐疑的な視聴者もいた。実際、初回の放送直後、彼は様々な批判に耐えなければならなかった。

しかし、放送2回目で、彼に向けられていた批判はおさまり、以降は好感度が高くなった。時々見せる子供のような無邪気さは、彼を可愛くも感じさせた。一見シンプルなキャラクターに見えるが、その中で微妙に変化していくイ・ミンホの姿を見て、魅了される女性ファンも増えた。

こうしたことが起こったのは、イ・ミンホに繊細な演技力があったおかげだ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る