イ・ミンホが兵役を終えて復帰して芸能界が活気づく!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

社会服務要員として福祉施設で勤務していたイ・ミンホが、ついに4月25日に兵役を終了させた。今後はすぐに芸能界に復帰すると予想されるが、復帰第1作がどんな作品になるのかが大いに注目される。




兵役期間の短縮

イ・ミンホは韓流でトップクラスの人気を誇っている。国内だけでなく、アジア各国にファンがとても多い。
それだけに、彼の不在は韓国芸能界にとっても痛手だったのだが、そのイ・ミンホがようやく兵役を終わらせた。
そもそも、イ・ミンホは2017年の5月12日から社会服務要員として兵役に入った。彼はまず、ソウル市の江南(カンナム)区役所に配属されたあと、社会福祉施設でずっと勤務を続けてきた。
その社会福祉施設では、様々な福祉サービスを行なっていたが、恵まれない高齢者に無料の給食サービスをするのもその1つだった。そうした福祉事業を含めて、イ・ミンホは真摯に服務に励んでいた。
なお、イ・ミンホが社会服務要員になった当時は、兵役期間が24カ月だったのだが、2018年10月から陸軍の現役兵の兵役期間が21カ月から18カ月に短縮されることになった。




それにともなって、社会服務要員の兵役期間も最終的に24カ月から21カ月に短縮される。
しかし、それが完全に実施されるのは2020年6月15日以降に兵役に入った人たちからであり、それ以前の人たちは兵役開始日に応じて段階的に兵役期間が短縮されることになった。
(ページ2に続く)

『ヘチ』主演のチョン・イルが語る「イ・ミンホとの友情物語」!

ネットで批判されたイ・ミンホの兵役問題を考える〔10月25日版〕

チョン・イルが兵役を終えて芸能界に復帰!僚友のイ・ミンホは?

俳優イ・ミンホが福祉活動で兵役を行なう意義とは?

社会服務要員となったイ・ミンホの兵役の今後は?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る