韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(4)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第4回/兵舎での共同生活

兵舎で一緒に暮らす仲間たち(写真/韓国陸軍公式サイトより)

 今の若者に昔の生活を強いている

国防省が兵士の管理において、一番力を入れないといけないのが兵舎の改善である。もともと、新兵訓練所や各部隊においても兵舎では大部屋が基本で、10人以上の人たちが1坪にも満たない自分のスペースで雑魚寝のような形で共同生活をしていた。

何十年も前であれば韓国もまだ貧しい時代で、各家庭でも余裕のある生活をしていたわけではない。だからこそ、軍隊での雑魚寝にも耐えられた。

しかし、韓国が経済成長を果たしたあと、それぞれの家庭でも生活が向上している。それなのに、軍隊では旧態依然としていた。そこに改善の余地があった。




そもそも、韓国には「母親は息子を舐(な)めるように可愛がる」という言葉もあるほどで、男子は大事な御曹司として母親に甘やかされて育つ。そういう人がいきなり軍隊に入って、大部屋で雑魚寝という形で軍隊生活をするのは、まさに生活の激変である。

しかも、階級や先輩・後輩の厳しい関係があり、新兵は非常に重圧を感じるものだ。ときには、いじめやしごきなどの問題も生じる。そんな軍隊生活に耐えられなくなって、兵士の中には自殺したり精神的に病んでしまう人もいる。

軍隊である以上は共同生活が基本なのだが、今風の若者を昔ながらの兵舎で生活させることに無理が生じてきた。そんな事情もあって、国防省は兵舎の改善に力を入れざるをえなくなった。(ページ2に続く)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(5)

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(1)

新兵訓練でみんなが一番いやがるのが化学ガス訓練!

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

韓流スターの兵役で特に知っておくべきこと

韓流スターは新兵訓練でリーダーになりやすい

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る