韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(4)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第4回/チームワークが大切

チームワークが欠かせない(写真/韓国陸軍公式サイトより)

写真=韓国陸軍公式サイトより

リーダーがチームを束ねていく

新兵訓練の最後の関門ともいえる「行軍」を無事に終えると、夜に「お疲れさま」の親睦会が開かれ、みんながお菓子とジュースを大いに堪能する。和気あいあいで、とても楽しい会になる。

このときほど、同期の存在をありがたく思う瞬間は他にないだろう。

それには理由がある。

現代の新兵訓練は昔とかなり様変わりしていて、新しい基準で行なわれている。新兵訓練の特徴を見ていくと、チームワークをとても重視しているのだ。たとえば、個人にはそれぞれ能力の違いがあるので、チーム全体としてどれくらいの成績を挙げられるかが問われる場合が多い。




チームワークを重視することによって、成績が劣る者を周りのチームメイトがカバーしながら向上させるという効果も狙っている。あくまでも戦場においては分隊ごとに動くので、チームワークが大切なのは当然である。

チームの結束力を高めるうえで活躍するのがリーダーである。

リーダーは同期の訓練生たちを束ねて、自主的にいろんな問題に対処していく。それが、人権問題を解決する手段でもある。というのは、常に軍隊ではいじめやしごきといった問題が付きまとっているので、それを解消させるための手段として陸軍はリーダー制度を積極的に取り入れている。

30歳近くになって入隊した韓流スターは新兵の中でも年長なので、リーダーになる割合も高い。(ページ2に続く)

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(5)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

韓流スターの兵役で特に知っておくべきこと

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?

兵役中のスターがイジメを受ける可能性は?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る