韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(5)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第5回/新兵訓練中の生活

優秀な人は休憩時間にも勉強をする(写真/韓国陸軍公式サイトより)

写真=韓国陸軍公式サイトより

 手紙を受け取ることができる

新兵訓練の期間中、新兵たちはどのように過ごすのだろうか。

具体的に見てみよう。

新兵たちは入隊するときに、携帯電話を持参できない。つまり、自ら外部に連絡する手段を持たないのだ。

ただし、新兵訓練中に家族や友人から手紙がきた場合は、それを受けとることができる。今は、電子メールで手紙を受け取ることも可能だ。

電子メールで届いた手紙は、陸軍訓練所のほうで紙にプリントアウトして該当する新兵に配る。ただし、陸軍訓練所では毎日1万通以上の電子メールがくる。かなり文字量が多いと作業が大変なため、1通あたり800字以内という決まりを設けている。




このように手紙を受け取ることはできるが、新兵は小包を受け取ることはできない。ただし、治療目的の医薬品や眼鏡などは例外となる。

次に電話について説明しよう。

基本的に新兵の訓練期間に、外部に電話をすることはできない。しかし、個人に特別な理由が発生したときには、小隊長の承認を受けて通話が可能となる。

また、陸軍訓練所では兵士たちの意識を高揚させるために、訓練で特に優秀な成績を挙げた者に、褒美として公衆電話で通話する権利を与えることもある。(ページ2に続く)

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(1)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

韓流スターの兵役で特に知っておくべきこと

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

兵役で芸能人がよく所属する軍楽隊とは何か

韓流スターたちは兵役中にどう過ごすのか

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る