韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第3回/最後の関門「行軍」

行軍は肉体的にも精神的にもきつい訓練だ(写真/韓国陸軍公式サイトより)

重装備で歩き続ける訓練

新兵訓練の5週目に行なわれるのが行軍だ。たとえば、20キログラムのザックを背負って20~30キロメートルを早足で歩くのである。

通常の歩行よりも速い時速4・5キロで歩かなければならない。戦時中に前線へ早く駆けつけるという意味でも、素早い歩行が義務付けられている。

とにかく20キロを背負ってみれば、それがどれだけ重いかがわかるだろう。しかも、隊列を組んで全員早足で歩くので、「自分だけが落伍してしまうんじゃないか」という不安に襲われる。

新兵にとっては大変プレッシャーのかかる訓練だ。




人によっては、20キログラムという重い装備を背負うと、歩いてすぐ両肩に大変な痛みを伴い、時間の経過とともに水ぶくれができてしまう。

これは、とてもつらい。教官もそういう事態を想定し、すぐ応急処置ができるように準備している。

行軍はおよそ5~6時間で目的地に到着しなければならないため、休憩時間もそれほど多くは取れない。歩き詰めになるのが普通だ。

しかし、途中で若干の休憩やカップラーメンを食べる時間が取れるときもある。そのときのラーメンはありがたい。苦しく緊張している中で食べるのだが、その旨さが忘れられないと語る人も多い。(ページ2に続く)

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(4)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

韓流スターの兵役で特に知っておくべきこと

韓流スターは新兵訓練でリーダーになりやすい

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る