カテゴリー:韓国情報

  • 韓国で子供の名前の付け方は?

    日本でも時代によって子供の名前の付け方はガラリと変わりましたが、それは韓国でも同じです。その時々の流行によって大きく変化していった名前の付け方を具体的に見てみましょう。 [caption id=…
  • 10月9日は韓国の「ハングルの日」

    朝鮮王朝の4代王・世宗(セジョン)が1446年に公布した文字が現在のハングルだ。当時は訓民正音(フンミンジョンウム)と呼ばれ、「正しい音を民に教える」という意味を持っていた。 官僚たちが普及…
  • 韓国の哀しみは韓国にいないとわからない

    私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)は、9月下旬に韓国を訪ねて、ソウルから地方まで韓国らしい秋の風情を味わった。ケジャンやチゲを堪能して人情あふれるもてなしを受けたのだが、いま振り返ってみれば、やはり韓国が置…
  • 2017年の韓国のお盆は10月4日です

    韓国のお盆は秋夕(チュソク)と呼ばれていて、旧暦の8月15日が該当します。2017年は、10月4日が旧暦の8月15日になります。例年だと9月下旬になることが多いのですが、今年は10月に入ってから秋夕を…
  • 韓国では両親に対して敬語を使うのが当たり前!

    韓国では、人間が守るべき道徳の最たるものが「孝行」だと考えられています。両親や先祖を敬うことが常に求められますが、それゆえに、家で親と話すときも、子供たちはきちんと敬語を使っています。 [cap…
  • 取り皿を使わずジカ箸で鍋をつつくのが韓国スタイル!

    韓国ドラマでよく出る食事場面では、熱い鍋の具を取り皿に取らず、直接箸をつついて食べています。日本から見れば、「小皿に取って食べる習慣がないのか?」と思ってしまいますが、実際はどうなのでしょうか。 …
  • 米朝対立でもいつもと変わらないソウルの日常!

    日本から見れば、朝鮮半島情勢が緊迫してきて「今、韓国に行くのは危ない」と思っている人も多いだろう。その韓国の日常はどうなっているのか。私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)は9月23日から26日まで、ソウル各地…
  • 人の名を呼ぶときに韓国でしてはいけないこと

    病院の待合室など特定の場所以外では、日本で相手をフルネームで呼ぶことはあまりないのですが、韓国ではいろいろな場面でフルネームが使われます。それは、韓国には同じ名字の人があまりに多いからです。 …
  • 招待されない人も出席する韓国の結婚式事情

    韓国では「たくさんの人に結婚式に来てもらうほど、結婚する2人は幸せになれる」と考えられています。そのため、直接招待されていなくても勝手に出席してしまう人もよくいます。そのあたりは日本と習慣が違います。…
  • 通常は「割り勘」をしないのが韓国のスタイル

    日本では年齢がバラバラなグループが居酒屋で飲んでいたとしても、支払いになると「割り勘」という方式が普通に行なわれています。しかし、韓国はそうではありません。グループで食事をしたときでも、割り勘はほとん…

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る