新兵訓練の専門施設「陸軍訓練所」とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

4週間課程と5週間課程

陸軍訓練所は新兵の訓練のみを行なうので、訓練期間が終われば、新兵たちはそれぞれに決定された所属師団に移っていく。
いわば「束の間」の部隊ということになるが、陸軍訓練所は新兵訓練の専門施設として設備が充実しているので、その点では新兵も少しは安心かもしれない。
原則的に、入隊するときは髪を3センチ以下まで短くして、必要な書類を持参するだけだ。誰もが私服でやってくるので、生活必需品や服などは訓練所に入ったあとに支給される。そして、着てきた私服は宅配便で実家に送られるのだ。
また、新兵として入隊するときは、携帯電話を持ち込めない。
今までは携帯電話がある生活が当たり前だったが、軍隊に入ればそういうわけにはいかないのだ。
一転してアナログな生活に戻るのである。今の若者には、これが本当につらい。「軍隊は一般社会と違う」と割り切って、携帯電話がない生活に慣れるしかない。




なお、新兵訓練の期間には4週間課程と5週間課程がある。
一般兵士となる新兵はみんな5週間課程で、社会服務要員や義務警察官は4週間課程となる。
(ページ3に続く)

除隊が近づくと芸能人は部隊でどう過ごしているか

今年6月15日以降の入隊から兵役期間が18カ月になる!

BTS(防弾少年団)ファンのための兵役基礎講座1「入隊」

BTS(防弾少年団)の兵役問題!世界中のファンのための提言とは?

芸能人が兵役でよく所属した義務警察は2023年までに廃止される!

ページ:
1

2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る