韓国の食べ方は日本とは大きく違っているが具体的には何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマでよく出る食事場面では、熱い鍋の具を取り皿に取らず、直接箸をつついて食べています。日本から見れば、「小皿に取って食べる習慣がないのか?」と思ってしまいますが、実際はどうなのでしょうか。

郷に入れば郷に従え

米が主食で箸を使うなど、日本と似た食文化を持つ韓国ですが、「器は持ち上げない」「ご飯やスープをスプーンで食べる」「渡し箸をしても良い」「女性は片膝を立てても良い」など、食事作法には違う部分がたくさんあります。そして「取り皿を使わない」というのも日本と大きく異なる点です。
韓国ではご飯やスープ以外のおかずやチゲ(鍋物)を食べるときは、取り皿を使って個人で取り分けることはしません。自分の箸やスプーンで、お皿や鍋からそのまま口に運ぶのが一般的です。




日本人にはちょっと不衛生に感じられるかもしれません。
いや、きっとそう感じることでしょう。抵抗があるのも仕方がありません。
しかし、「郷に入れば郷に従え」です。
(ページ2に続く)

韓流の第3次ブームは果たしていつまで続く?

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る