BTS(防弾少年団)の兵役免除も結局は実現しなかったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国では、優れた活動で国家に貢献した人に兵役免除の特例を与える制度がある。この制度では今まで大衆文化が対象外になっており、BTSの世界的な人気によって兵役免除の改定が期待されたのだが……。

写真=BTS Facebook




様々な問題提起

現行の兵役免除制度はどのようになっているのか。
スポーツの分野では「オリンピックのメダリスト」「アジア大会の金メダリスト」が対象者になっている。
芸術の分野では「国際芸術コンクール2位以上の入賞者」「国内芸術コンクール1位の入賞者」が免除されることになっている。
しかし、芸術分野ではクラシックや国楽だけが対象となっていて、一番ファンに親しまれている大衆文化が除かれている。
こうした不公平感をさらに増大させたのが、BTS(防弾少年団)の人気が世界中に拡大したことだ。
BTSが兵役免除にならないのはおかしい、という意見が強くなってきた。加えて、従来の兵役免除制度が「実情に合っていない」という問題も提起されるに至った。




そこで、兵務庁と文化体育観光部は共同で、スポーツ選手と芸術家に対する兵役特例制度(兵役免除)の改善を検討する作業部会を2018年10月に発足させて論議を深めてきた。
その最終結果は2019年9月にも出る予定になったのだが……。
(ページ2に続く)

BTS(防弾少年団)の活用が想定される「同伴入隊」とは何か

BTS(防弾少年団)の兵役はいつから始まるのか

BTS(防弾少年団)も影響を受ける「兵役未了者の海外渡航制限」とは何か?

BTS(防弾少年団)の兵役問題を考える時に一番重要なことは?

絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

米メディアで入隊について語ったBTS(防弾少年団)の今後の兵役問題は?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る