日本と違う韓国のビックリ39

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

第39回 韓国では本当に出前が便利だ!

日本でも従来からそばやラーメンの出前はよくありましたし、最近ではピザの宅配も当たり前になりました。そういう意味では、出前がよく利用されているのですが、韓国の出前は日本以上に盛んです。果たして、その実態は?




ペダルアジュンマとは?

韓国では出前のことをペダル(配達)と呼び、とても人気があります。
日本と違い韓国は自転車が少ないので、出前はバイクが主流です。
ソウルを歩いていれば、歩道も車道も関係なく疾走する「出前バイク」を本当によく見かけます。
出前専門のようなお店もたくさんあります。
お店自体はとても小さくてお客さんもほとんどいないのですが、従業員は出前の注文で大忙しというお店もよくあります。
出前で人気があるのは、なんといっても中華料理です。
韓国では引っ越しの際に、「引っ越しそば」ならぬ「引っ越し中華」を食べる習慣があるほどです。
主なメニューは、タンスユッ(酢豚)やチャジャンミョン(ジャージャー麺)ですが、引っ越しをしなくても、みなさんよく注文しています。
ソウル市内の庶民的な市場で活躍するのがペダルアジュンマ(配達おばさん)です。




小さな個人店が所狭しと並ぶ市場では、バイクで配達するのは大変です。そこで市場の中にある食堂のアジュンマたちが、頭に盆を乗せて、小回りのきく徒歩で食事をせっせと運ぶのです。
出前を注文する個人店の人たちは、他のお店の人と一緒に店の外で食べる場合があるのですが、市場の中を熟知していて顔なじみも多いペダルアジュンマたちは、場所を指定してもらえればお店の外でも気軽に配達してくれます。
(ページ2に続く)

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る