イ・ジュンギがこだわる流儀は「イメージ管理をしないこと」!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ファンがイ・ジュンギを身近に感じるのは、彼が自分のありのままを見せてくれるからだ。もしもイ・ジュンギが自分を隠したり飾ったりするスターだったら、ファンはこれほど彼を親しく思わないだろう。

写真=tvN『無法弁護士』公式サイトより




成長を見守ってくれる存在

イ・ジュンギはファンのことをとことん思い続ける。
もちろん、スターにとってファンは、なくてはならない存在だ。
いや、ファンなしではスターというものは最初から存在できない。星がいくら輝いても、それを見てくれる人がいないと何の意味もない。それだけに、スターがファンを大切にするのは当たり前だともいえるが、スターはときどきファンという存在を面倒くさがったり、知らない間に無視したりする。
多くのスターがファンの愛情で育てられるが、後にはファンを軽んじる間違いをおかしやすいのだ。
特に、一朝一夕に人気を得たシンデレラ型のスターなら、どうしてもファンのありがたみがわかりづらい。
しかし、イ・ジュンギは、誠実にファンと接する。彼はファンと自分は一つの家族だという。
俳優イ・ジュンギの成長を見守ってくれる家族の存在……だからなのか、イ・ジュンギのファンは、年配者にも多い。




ファンは本当に、イ・ジュンギが自分たちの子供や甥であるように世話をする。イ・ジュンギをインタビューする雑誌社には、かならず彼のファンクラブから餅が送られるというのはその一例とも言える。
(ページ2に続く)

イ・ジュンギが演じた光宗(クァンジョン)は凄い王だった!

『無法弁護士』のイ・ジュンギ!精悍な姿を維持する秘訣は?

謙虚なイ・ジュンギが「無法」を演じるから面白い!

イ・ジュンギは『無法弁護士』の制作発表会で何を語ったか

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

イ・ジュンギが強烈な俳優魂を『無法弁護士』で見せる!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る