兵役に入って1年になるチャン・グンソクの近況は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チャン・グンソクは徴兵検査で「補充役」の判定を受け、2018年7月から社会服務要員としてソウル消防災難本部で代替服務を始めた。社会服務要員の場合、自宅から職場まで通勤することになる。




週の勤務時間は40時間

社会服務要員としての勤務は、基本的に午前9時から午後6時まで。間に1時間の昼食休憩がある。
よって、1日8時間勤務だ。
トータルすると週40時間勤務というのが社会服務要員の原則だ。そして、残業はほとんどない。
夜は完全な自由時間となるので、友人と食事に行くことも可能だ。
また、週休2日制で、公務員に準ずる休暇をもらえることになっている。
子役のときから芸能活動をずっと忙しく続けてきたチャン・グンソクにとって、社会服務要員の現在のほうが時間的には余裕があるに違いない。こうした時間を使って、彼は芸能界に復帰後の準備を続けていると思われる。
なお、チャン・グンソクは兵役中にもかかわらず、2018年12月には経済的に恵まれない人たちに多くの練炭を寄付した。




さらに、韓国東北部の江原道(カンウォンド)で2019年4月に発生した大規模な山火事の被災地に1億ウォン(約1000万円)の寄付を行なった。
いつもながらの迅速な社会慈善活動だった。
(ページ2に続く)

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

練炭を寄付したチャン・グンソク!兵役履行中でも慈善活動を継続

チャン・グンソク!兵役中に山火事被災地に1億ウォンを寄付

チャン・グンソク!兵役問題で真摯に説明責任を果たす

チャン・グンソクの兵役4級判定を検証する!

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る