イ・ソジン主演の『イ・サン』と『トンイ』をつなぐ鍵となる宝飾品は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本でも大きな人気を博した『イ・サン』と『トンイ』。この二つの傑作時代劇が深くつながっていることを連想させる場面がある。鍵を握るのはいったい、どんな宝飾品だろうか。

 




英祖の最期

まずは、先につくられた『イ・サン』(2007~2008年の制作)から見てみよう。第44話で21代王・英祖(ヨンジョ)は、病状が重く死期が近いことを悟り、病床にソンヨン(22代王・正祖〔チョンジョ〕の幼なじみ)を呼ぶ。彼女に描いてほしい絵があったからだ。ソンヨンの絵の旨さは以前から知っていた。
おそるおそるソンヨンが英祖の前に進み出ると、英祖はソンヨンに「亡き息子の肖像画を描いてくれ」と言う。その息子とは、英祖の怒りを買って米びつに閉じ込められて餓死した長男の思悼世子(サドセジャ)のことだった。
ソンヨンは、英祖が口で言う通りの風貌を描く。出来上がった肖像画をしみじみと見つめる英祖。息子を殺した後悔にさいなまれる。その末に息絶える。
その報を聞いて、王宮では誰もがひざまずいて号泣していた。その中に呆然と立ち尽くしながら、ソンヨンは振り返る。英祖の長男の肖像画を描いたときに、英祖から指輪をもらったことを……。
それは、円形の翡翠(ひすい)が二重になった指輪だった。美しい光沢を見せている。英祖はその指輪をソンヨンに渡しながらこう言う。




「これは余の生母でいらっしゃる淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏が余に残してくださったものだ。受け取りなさい。余に貴重な絵を描いてくれたお礼として、これをそなたにあげよう」
(ページ2に続く)

イ・ソジンが『イ・サン』を盛り上げたエピソードが面白い!

イ・ソジンが『イ・サン』で見せた最高のアドリブとは?

イ・ソジンは『イ・サン』の後の作品について何を語ったか(前編)

イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(前編)

イ・ソジンは2009年のファンミで何を語ったか(前編)

傑作『イ・サン』の主役にイ・ソジンが選ばれた理由とは?

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る