イ・ソジンは『イ・サン』の後の作品について何を語ったか(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

時代劇から現代劇まで幅広い役を多彩にこなすイ・ソジン。彼は、2009年9月12日に東京の中野サンプラザでファンミーティングを行なったが、それに合わせて記者会見を開いている。そのときの発言を再現してみよう。




いつでも日本に来たい

イ・ソジンに直接インタビューした人がこう語っている。
「本当に物腰が柔らかく、それでいて、凛とした雰囲気をかもしだしています。まさに、『イ・サン』のイメージがピッタリの俳優だと思います」
まさに、この言葉が代表的な感想だ。イ・ソジンにインタビューした人は、こぞって彼の深い人間性を感じ取る。
それは、記者会見の場でも同様だ。
質疑応答でいつも実感するのは、イ・ソジンが本当にていねいに、一つひとつの質問に対して答えてくれるということなのだ。
2009年9月12日の記者会見もそんなふうに進んだ。
――今回来日した感想をお聞かせください。
「東京に来ることができて、とてもうれしいです。私にとって東京は、非常に好きな場所のひとつです。心の中で、いつも日本に来たいと思っていました」




――日本でも『イ・サン』が大変な人気ですが、日本で支持されることをどのように感じますか。
「非常にうれしく思います。今までみなさんが私に示してくださった関心で十分ですので、今後は『好きではない』と言われてもがっかりはしません(笑)」
(ページ2に続く)

イ・ソジンは『イ・サン』の後の作品について何を語ったか(後編)

イ・ソジンが『イ・サン』で見せた最高のアドリブとは?

イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(前編)

イ・ソジンは2009年のファンミで何を語ったか(前編)

傑作『イ・サン』の主役にイ・ソジンが選ばれた理由とは?

キム・ユジョンは12歳の時に何を語ったか(第1回)

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る