イ・ソジンは2009年のファンミで何を語ったか(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2009年9月12日に東京の中野サンプラザでイ・ソジンのファンミーティングが開催された。茶目っ気たっぷりの彼は常に笑顔を絶やさず、機転がきいたパフォーマンスで観客を笑いの渦に巻き込んでいた。




子役に重圧は感じなかった

最初にイ・ソジンがスクリーンに映し出され、日本語で「みなさん、お久しぶりです。いま会いに行きます。待っててください」と言うと、客席から歓声と拍手が起きた。その中、彼が客席の中を歩きながら登場した。
ファンは総立ちとなった。
イ・ソジンは舞台に上がり、「アンニョンハセヨ」と挨拶した。
「みなさんが暖かく迎えてくださり本当にありがとうございます。頻繁に東京に来ることができなくて残念ですが、やはり東京は私を失望させません。みなさん、本当にお会いできてうれしいです」
そして、彼とファン全員とで「サランへヨ」のポーズで記念撮影が行なわれたあと、『イ・サン』の映像が流れ、このドラマに関する「〇✕トーク」が始まった。
――自分の子役に対して、プレッシャーを感じたことがあるか?
答えは✕だった。




「先に子役から始まって、あとで成人した私が出ると、違和感がないように子役の演技に似せます。徐々になれてきたら、私だけの演技に変えていくようにしています。子役に対してプレッシャーを感じることはありません」
(ページ2に続く)

イ・ソジンは2009年のファンミで何を語ったか(中編)

イ・ソジンは2009年のファンミで何を語ったか(後編)

傑作『イ・サン』の主役にイ・ソジンが選ばれた理由とは?

イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(前編)

キム・ユジョンは12歳の時に何を語ったか(第1回)

『イ・サン』の主人公の正祖(チョンジョ)は本当に名君だった?

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る