2PMのチャンソンが新兵訓練を行なう第5師団「鍵部隊」とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

「鍵部隊」と呼ばれる第5師団のマーク




新兵訓練の時期について

地理的な特徴を言うと、第5師団がある漣川郡の冬はとてつもなく寒い。零下20度以下になることもよくある。
「韓国で一番寒い場所」
そう言ってもいいかもしれない。
それだけに、冬の訓練の辛さは言葉にできないほどだ。
しかし、チャンソンは6月から7月にかけて新兵訓練を行なう。韓国にも梅雨があるが、この時期なら韓国最北部の漣川郡はまだ気候も穏やかだ。時期的には恵まれていると言える。
また、論山の陸軍訓練所で新兵訓練をした場合は、規定の5週間の訓練を終えると各地の師団に移って除隊まで同じ場所で軍務に励むことになる。
しかし、第5師団のようにとても重要な任務を帯びている師団で新兵訓練を受けると、そのまま同じ師団に所属する場合が非常に多い。
これを「自隊配置」という。




チャンソンも、新兵訓練のあとに第5師団で軍務に就く可能性がとても高いと言える。確定ではないが、このことを頭に入れておきたい。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
兵役をテーマにした講演会を開催。7月6日(土)15時30分から「韓流スターは兵役でどう過ごすのか」。会場は「レンタルスペースKOMOREBI(渋谷区桜丘町29-35/渋谷駅から徒歩5分)」。受講料は2,500円(税込み) 。主催はブルーガイドカルチャーBase
https://blog.goo.ne.jp/blueguide/e/dc3aef40fdfe11bdbbffa0269f1310d0

2PMの兵役メンバーの最後にチャンソンが入隊!

入隊した2PMのチャンソンの除隊日はいつなのか?

2PMのJun.K が選ばれた特級戦士とは何か

2PMのジュノが兵役入り!芸能人が社会服務要員になると何が起こるか?

2PMのジュノ!社会服務要員としての毎日がわかるQ&A

除隊した2PMテギョン!まさに「堂々たる帰還」だった

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る