除隊した2PMテギョン!まさに「堂々たる帰還」だった

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2017年9月4日に兵役に入っていた2PMのテギョンが2019年5月16日に除隊した。これによって、彼は自分が望んだとおりに兵役の義務を果たして、堂々と芸能界に復帰することになった。




現役兵へのこだわり

テギョンは5月16日の午前、高陽(コヤン)市にある白馬会館で除隊の挨拶を行なった。特に彼は、除隊をずっと待ってくれたファンに心からの感謝を述べた。
それにしても、テギョンの兵役への真摯な取り組みを見ていると、見応えのある正統派のドラマのようだった。
そもそも、テギョンはアメリカの永住権を持っていた。韓国の兵役は外国の永住権を持っていると免除になる。そういう制度を利用して、以前はアメリカの永住権を取って意図的に兵役を逃れようという人もいた。
それなのに、テギョンの場合はまったく逆で、永住権を放棄してまで韓国の兵役を全うしようとした。
さらに、テギョンは腰に持病があって、最初の徴兵検査で「現役兵ではなく社会服務要員」と判定された。
しかし、彼は現役兵として兵役を遂行することにこだわり、2回にわたって腰の手術を受けて、再度の徴兵検査に臨んだ。そのうえで現役兵の判定を受けた。




これは、本当に珍しいケースだ。なぜなら、社会服務要員になることを望む人が圧倒的に多く、あえて現役兵に固執する人は非常に少ないからだ。
けれど、テギョンは自らの信念を貫いた。
彼はTOEIC(英語力を判定する世界共通のテスト)で990点満点を取った過去があるので、語学兵に志願することもできたのに、あえてそれをしなかった。語学兵になれば、通訳をしたり軍事論文や新聞報道の翻訳をしたりしてエリート的に兵役の義務をこなせるのに、テギョンはとことん現役兵にこだわった。
(ページ2に続く)

兵役文化に新しい視点を加えた2PMテギョンの功績!

兵役の義務を高貴に果たす2PMテギョンの堂々たる人生!

「助教」は2PMのテギョンにふさわしい兵役!

2PMのテギョンが担当する「助教」とは何か?

白馬部隊でスタートした2PMテギョンの兵役生活!

2PMテギョンが現役兵入隊にこだわる事情

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る