入隊したパク・ヒョンシクはどんな新兵訓練を受けるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

辛い訓練が続く

新兵訓練の後期になると、長期的な戦闘を想定した訓練に移る。
特に大事なのが遊撃訓練だ。
これは、山野を駆け回って敵に近づいて攻撃を加える訓練だ。
無理な姿勢を続けることが多いので体力を消耗する。この訓練が終わると、本当に疲労困憊になる。
続いて、野営訓練を行なう。
これは野外でテントを張って宿泊する訓練だが、真冬に行なうと凍えそうなほど辛い。ここが試練なのである。
こうした訓練を段階的に行なったうえで、最後に行軍を行なう。
行軍は、重い装備を背負って20キロ前後の距離を早足で歩く訓練で、夜を徹して行なわれる。




この訓練を通して仲間同士の連帯感が培われていく。
すべての新兵訓練が終わると、修了式に臨む。その後、パク・ヒョンシクは首都防衛司令部に移っていくのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
講演「韓流スターと兵役」を開催。6月29日(土)13時30~15時00分。場所は東京都中央区銀座7丁目13-5 NREG銀座ビル1階。受講料は3千円。兵役の基本とBTSの兵役問題などを語ります。
お問い合わせ academy@asia-future.org
申込みフォームは以下のとおりです。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf2wsdLirv14ouvBcskkqiRBp0ZHTbB4PIsTgvAVC0Y6bp5Eg/viewform

入隊したパク・ヒョンシクが新兵訓練後に行く首都防衛司令部とは?

首都防衛司令部に入隊するパク・ヒョンシクの今後は?

韓流スターは新兵訓練でリーダーになりやすい

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(1)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る