社会服務要員になる芸能人が多いと思える理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

いわば「職業病」

兵役等級を具体的に見ると、1級から3級までが現役兵、4級が補充役、5級が第二国民役(平時には入隊が免除になるが、戦時には勤労召集の対象者になる)、6級は兵役免除、7級は徴兵検査の再診である。
この中で社会服務要員になるのは4級の補充役だ。入隊の代わりに公的機関で代替勤務をすることになる。
4級になる大きな原因は、持病(喘息など)や身体の故障である。
特に、俳優やK-POPグループのメンバーの場合は、撮影や練習などで身体を酷使しており、特定の部位を傷めていることが多い。しかし、多忙のために十分な治療を受けられないケースもあって故障が悪化し、それが徴兵検査で4級判定を受ける大きな理由となっている。
こうした事情は理解できる。身体の故障はいわば「職業病」なのである。このあたりは一般の人とは違う。




芸能人の立場からしても、自ら社会服務要員を願っているとは言いがたい。兵役期間が現役兵より3カ月も長くなるし、ネット上で批判されることも多くなる。
それでも、身体の故障を理由に4級判定を受けることが芸能人に多いというのは、やむをえないことなのだ。
社会服務要員は立派な兵役だ。堂々と社会服務要員として兵役を全うしてほしい。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

これが「社会服務要員」のすべて!

超解説!社会服務要員とは何か?

兵役解説!徴兵検査の4級が補充役で社会服務要員になる

自宅から通勤する社会服務要員の毎日とは?

朗報!社会服務要員の兵役期間が21カ月に短縮となる

兵役とはいえ自宅から通勤できるのが社会服務要員!

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る