社会服務要員になる芸能人が多いと思える理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役に入る芸能人の話題がニュースを賑わせているが、中でも社会服務要員になる芸能人が多いという印象がある。実際はどうなのだろうか。また、徴兵検査でどのように判定されると社会服務要員になるのだろうか。




徴兵検査の仕組み

社会服務要員は徴兵検査で4級(補充役)の判定を受けた人が現役兵の代替として公的機関で勤務する制度だ。
まずは、徴兵検査がどのように行なわれるのかを見ていこう。
徴兵検査は、心理検査、身体検査、適性検査の順で行なわれる。
心理検査では、対象者の精神面での健康状態を確認する。軍務の期間中に起こりうる精神錯乱による諸問題を防ぐ目的がある。
この検査の結果、精密検査が必要と判定された人は、臨床心理士による細かい検査を受ける。そして、精神病や反社会性のために軍務が無理だと判定されれば兵役免除になる可能性が高くなる。
身体検査では、胸部レントゲン、血液および小便検査、心電図、麻薬反応検査、肝機能検査などが実施され、身長・体重・視力・血圧なども測定される。このようにして基本的な身体検査が終われば、9科目のそれぞれの専門医師と1対1で精密な検診が行なわれ、最終的には首席専門医が各科目の結果を総合的に判定する。




最後が適性検査だ。ここでは、対象者が持っている能力が軍務のどの分野で生かせるかが判定される。
以上の3つの段階を経て、最終的な兵役等級(1級~7級)が決定される。
(ページ2に続く)

これが「社会服務要員」のすべて!

超解説!社会服務要員とは何か?

兵役解説!徴兵検査の4級が補充役で社会服務要員になる

自宅から通勤する社会服務要員の毎日とは?

朗報!社会服務要員の兵役期間が21カ月に短縮となる

兵役とはいえ自宅から通勤できるのが社会服務要員!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る