韓国の結婚式で引き出物を出さない理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の結婚式は日本から見ると「異例」です。基本的に招待状は出さず、電話やメール、友人を通しての伝言などで参列者が集まるケースが多いのです。したがって、新郎か新婦の知り合いであれば、誰でも出席できます。ご祝儀もお金で出す人もいますが、プレゼントを渡す人も多く、高価なものなら友人との共同購入でも構いません。

かつては質素な結婚式を奨励!

韓国の結婚式では、式場内での席も特に決まっておらず、知らない人が紛れてもわからないほどです。
結婚式自体もあっさりしています。指輪の交換などをサッと行ない、新婦がブーケを投げる際に記念写真を撮ってお開きといった感じです。
食事はビュッフェ形式がほとんどで、引き出物も基本的にはありません。




こうした形式が多いのは、1973年に施行された「家庭儀礼準則」による影響が大きいと言えます。
この法律では、結婚式で引き出物などを出すこと禁止しています。
まだ暮らしが厳しい時代にもかかわらず、韓国人はプライドが高く見栄っ張りな人が多いので、借金をして豪華な冠婚葬祭を行なうケースがとても多かったのです。
そうした「無駄遣い」を戒めるために、当時の軍事政権は国民の冠婚葬祭に「質素」の概念を持ち込もうとしました。
(ページ2に続く)

日本で多い「老舗」が韓国ではなぜ極端に少ないのか?

日本人が韓国に興味を持って留学した理由とは?

ソウルに転勤となった日本人社員がホトホト困ったことは?

日本に留学した韓国人がビックリするほど実感したことは?

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

韓国語を学ぶ日本人留学生はどんなことに苦労するのか

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る