日本で多い「老舗」が韓国ではなぜ極端に少ないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本は2万2千以上なのに、韓国はわずか90しかないという。果たして、何の数字だろうか? これは100年以上続けて営業している「老舗」(しにせ)の数なのである。日韓で極端に違うが、その差はどこからきているのだろうか。




「家業を継がなくていい」

日本の観光地をのんびり歩いていると、街の至る所で、創業から100年以上が経った老舗を見かける。
食堂であれば、店舗の目立つところに「創業○○年」といった形で、江戸時代から続いていることを誇示するような表示もよく見られる。
かくのごとく、日本では先祖から子孫まで代々家業を継ぐ店が多い。それは、商売の伝統を受け継ぐ大切さが日本社会に浸透しているからだ。
一方の韓国では、100年以上も続いている店舗は全国でわずか90カ所しかないという。日本から見れば、ビックリするほど少ない数字だ。
韓国で100年以上も営業している老舗が少ないのには、韓国社会の風潮が影響している。
仮に、韓国で食堂を開いた人が成功したとしよう。
この場合、創業者は成功で得たお金を使って、子供たちに最高の教育を受けるような環境を整備するだろう。




そして、このように言うはずだ。
「家業を継がなくていいから、いい大学に入って大学教授や弁護士や医者に絶対になりなさい!」
くどいくらいに、創業者は「家業を継がなくていい」と強調するはずだ。
なぜならば、韓国では医者、弁護士、大学教員、高級官僚といった職業がもっとも尊重され、親は子供にそういう職業に就いてくれることを最大限に願うからである。そして、そのための教育資金をふんだんに使う。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか(再読版)

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ソウルに転勤となった日本人社員がホトホト困ったことは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る