朝鮮王朝を苦しめた「後金」とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

丙子胡乱

1636年5月、後金の君主になっていたホンタイジが新たに皇帝に即位し、後金は国号を「清」に改めた。
清の国力は強大になる一方で、明の衰退は甚だしかった。
それでも、仁祖は清との外交をうまく立ち回れなかった。
1636年12月、約束を守らぬ朝鮮王朝に激怒した清は、12万の大軍で再び攻めてきた。




仁祖は漢陽の南側にある南漢(ナマン)山城に避難して籠城したが、ついに抵抗できなくなり、漢江(ハンガン)のほとりの三田渡(サムジョンド)において、清の皇帝の前で土下座して謝罪した。
歴史的に、「丙子胡乱(ピョンジャホラン)」と呼ばれる。
以後、朝鮮王朝は清に対して臣下の礼を取らざるをえなくなった。要するに、服従させられたのである。
1644年には明も滅亡し、清は中国大陸の覇者となった。以後、清は3世紀近くにわたって中国を支配し、1912年に滅亡した。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

光海君(クァンヘグン)の末路!廃位になった後どうなった?

光海君(クァンヘグン)の栄光と転落/朝鮮王朝人物実録1

仁祖(インジョ)の生涯1!綾陽君(ヌンヤングン)の即位

仁祖(インジョ)!何度も王宮から逃げ出した国王

仁祖(インジョ)はなぜ光海君(クァンヘグン)の斬首を拒んだ?

仁祖(インジョ)の屈辱を象徴する三田渡(サムジョンド)の碑!

ページ:
1 2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る