仁祖(インジョ)はなぜ光海君(クァンヘグン)の斬首を拒んだ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1623年、15代王の光海君(クゥンヘグン)は、仁祖(インジョ)が起こしたクーデターによって王宮を追放された。このとき、光海君は斬首にされても仕方がなかった。しかし、仁祖は絶対にそうしなかった。それはなぜなのか。

現在の徳寿宮はかつて慶運宮と呼ばれ、仁穆王后が幽閉されていた。写真は徳寿宮の正殿の中和殿

現在の徳寿宮はかつて慶運宮と呼ばれ、仁穆王后が幽閉されていた。写真は徳寿宮の正殿の中和殿

クーデターが成功

1623年3月13日の明け方、仁祖に統率された兵士たちは王宮に入り込み、重要な拠点を占拠した。
虚をつかれた光海君は、抵抗もできず、王宮から逃げるしかなかった。仁祖への内通者がたくさんいたことが光海君にとっては痛手だった。
新しく王宮の主になった仁祖は、クーデターの正統性を明確に示す必要があった。彼は、光海君によって慶運宮(キョンウングン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉されていた仁穆(インモク)王后を訪ねた。彼女から強力なお墨付きをもらうためである。




仁穆王后はわが子を殺した光海君に強い怨みを持っていた。
それゆえ、すぐに仁穆王后が、クーデターへの大義名分を与えてくれるものと仁祖は楽観していた。
しかし、仁穆王后は1つの条件を出した。
それは仁祖にとって難題だった。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)
https://goo.gl/kMGzf8

光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4
https://goo.gl/kubUCr

仁祖(インジョ)の屈辱!朝鮮王朝の重大な事件簿5
https://goo.gl/FHHVPJ

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか
https://goo.gl/Tr98s4

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る