仁祖(インジョ)はなぜ光海君(クァンヘグン)の斬首を拒んだ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1623年、15代王の光海君(クゥンヘグン)は、仁祖(インジョ)が起こしたクーデターによって王宮を追放された。このとき、光海君は斬首にされても仕方がなかった。しし、仁祖は絶対にそうしなかった。それはなぜなのか。

現在の徳寿宮はかつて慶運宮と呼ばれ、仁穆王后が幽閉されていた。写真は徳寿宮の正殿の中和殿

現在の徳寿宮はかつて慶運宮と呼ばれ、仁穆王后が幽閉されていた。写真は徳寿宮の正殿の中和殿

クーデターが成功

1623年3月13日の明け方、仁祖に統率された兵士たちは王宮に入り込み、重要な拠点を占拠した。
虚をつかれた光海君は、抵抗もできず、王宮から逃げるしかなかった。仁祖への内通者がたくさんいたことが光海君にとっては痛手だった。
新しく王宮の主になった仁祖は、クーデターの正統性を明確に示す必要があった。彼は、光海君によって慶運宮(キョンウングン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉されていた仁穆(インモク)王后を訪ねた。彼女から強力なお墨付きをもらうためである。




仁穆王后はわが子を殺した光海君に強い怨みを持っていた。
それゆえ、すぐに仁穆王后が、クーデターへの大義名分を与えてくれるものと仁祖は楽観していた。
しかし、仁穆王后は1つの条件を出した。
それは仁祖にとって難題だった。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)が仁穆(インモク)王后に復讐された日(前編)
https://goo.gl/kMGzf8

光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4
https://goo.gl/kubUCr

仁祖(インジョ)の屈辱!朝鮮王朝の重大な事件簿5
https://goo.gl/FHHVPJ

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか
https://goo.gl/Tr98s4

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る