光海君(クァンヘグン)の末路!廃位になった後どうなった?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1623年に仁祖(インジョ)がクーデターを起こして、光海君(クァンヘグン)は廃位となった。王宮を追われた国王は燕山君(ヨンサグン)に続いて2人目だが、光海君の場合は、その後にどんな末路をたどったのだろうか。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

結局は「島流し」

1623年に仁祖がクーデターを起こしたとき、王宮にいた光海君は虚を突かれて、ただ逃亡するしかなかった。結果的に、用意周到に準備を進めた仁祖のクーデターは大成功に終わった。
逃亡した光海君と息子は、すぐにクーデター軍につかまって王宮に引き戻された。そのとき、「斬首せよ」という声も多かったのだが、仁祖はそこまではしなかった。やはり、先の国王であるという立場を重んじて、斬首にせずに島流しにした。




光海君は、正室の柳(ユ)氏と息子夫婦と一緒に江華島(カンファド)に追放となった。その江華島に向かう船の中で、深く嘆いたのが柳氏である。
「生きて恥をさらすくらいなら、いっそのこと海に身を投げて死にましょう」
悲嘆にくれながら柳氏がそう言った。
しかし、光海君はその意見に同調しなかった。彼は、生き恥をさらしてでも生き抜く覚悟を決めていたのだ。(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由!

光海君(クァンヘグン)と綾陽君(ヌンヤングン)と貞明(チョンミョン)公主

仁祖(インジョ)はなぜ光海君(クァンヘグン)の斬首を拒んだ?

歴史の闇を語る光海君(クァンヘグン)/朝鮮王朝劇場2

https://goo.gl/Pe7MkX

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る