仁祖(インジョ)の屈辱を象徴する三田渡(サムジョンド)の碑!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1636年12月、清の10万人を越える大軍に攻められた朝鮮王朝は、ついに降伏し、翌年の1月に16代王・仁祖(インジョ)が屈辱的な謝罪を強いられた。それを象徴する碑を訪ねた。

正面から見た三田渡の碑

碑の上部

屈辱的な石碑

清の皇帝の前に引っ張りだされた仁祖は、地面に額をこすりつけるような形で謝罪しなければならなかった。
そうしなければ、朝鮮王朝は清によって滅ぼされてしまうのだ。そのときの仁祖の屈辱は、いかばかりだっただろうか。
謝罪した場所は漢江(ハンガン)のほとりの三田渡(サムジョンド)である。




それだけでも屈辱なのに、清は朝鮮王朝に対して石碑を建てて歴史を形で残すことを要求した。
それを朝鮮王朝は拒むことができず、碑は1639年12月に建立された。
正式名称は「大清皇帝功徳碑」と言う。
碑の文章は、清に降伏した経緯や、清の皇帝を讃える内容となっている。(ページ2に続く)

仁祖(インジョ)!何度も王宮から逃げ出した国王

仁祖(インジョ)はなぜ光海君(クァンヘグン)の斬首を拒んだ?

光海君(クァンヘグン)の末路!廃位になった後どうなった?

朝鮮王朝を苦しめた「後金」とは何か

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る