とても気になる!イ・ホンギの兵役はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

FTISLANDのイ・ホンギの兵役問題が注目されている。2019年8月に日本でライブの予定が決まっているので、それが終わった後に彼は速やかに入隊するものと思われる。そこで、イ・ホンギの兵役問題について考えてみよう。




早く入隊すべき立場

イ・ホンギは1990年3月2日生まれである。この生年月日だと、2019年は「兵役計算年齢」が29歳に該当する。
韓国の兵役法によると「兵役は30歳を超えて延期できない」となっている。つまり、30歳までの延期が可能だったのだが、2018年10月から兵務庁の方針が変わって、28歳以上の兵役延期が難しくなっている。
それだけに、イ・ホンギもなるべく早く入隊しなければいけない立場だった。
しかし、すでにライブの予定も決まっているので、入隊の延期を届け出てギリギリまで入隊を待ってもらっている状態だ。
しかし、延期にも限界があるので8月のライブが終わったらできるだけ早く入隊することになるだろう。




最近の傾向としては、K-POPのメンバーが入隊するときに、軍事境界線に近い最前線の部隊で新兵訓練を受けるケースがとても増えている。
そういう前例を見ていくと、イ・ホンギも陸軍の現役兵として最前線の部隊に入隊する可能性が高いと言えるだろう。
(ページ2に続く)

ぜひ知っておきたい「兵役の基本知識」

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(1)

EXOのシウミンが入隊!なぜ最前線の部隊に入る芸能人が多くなったか?

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る