ぜひ知っておきたい「兵役の基本知識」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役の仕組み1

A




◆韓国の兵役法では「30歳を超えて兵役の延期はできない」と規定されている。ということは、兵役を延期できるのはぎりぎり30歳までなのだ。

ところで、兵役における年齢の計算方法は特殊。「現在年-出生年」が1月1日から12月31日まで適用される。たとえば、1987年生まれであれば、「2016-1987」歳となり、誕生日にかかわらず今年1年はずっと29歳と計算される。
◆19歳になる年に徴兵検査で「現役兵」と判定されたら、すみやかに入隊しなければならないが、「病気」「大学や大学院に在学中」「幼い子供を養育中」などの理由があれば延期できる。芸能人の場合は延期の規定に当てはまらないが、社会的な影響力を認められて慣例として延期が許可される場合が多い。
◆現役兵として入隊すると5週間の新兵訓練を受ける。




まず、訓練所に入った新兵は登録作業を終えると、身長・体重などの体格を測定し、活動服(生活するときに着る服)の支給を受ける。1日目の予定はこれで終わり。以後は夕食を食べて兵舎で休む‥‥が、なかなか休めない。兵舎の板間でザコ寝で、自分のスペースは1畳ほど。他人が気になって仕方がない。
(ページ2に続く)

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(1)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

今年(2019年)兵役が終わる主な芸能人/除隊日はいつ?

兵役免除になった大物スターの意外な免除理由とは?

韓流スターの兵役が気になったらこれだけは絶対に知っておこう!

韓流スターの兵役で特に知っておくべきこと

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る