今後の『屋根部屋のプリンス』の放送はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

俳優としても主演作が多かったパク・ユチョン。彼が主演して日本でも大ヒットしたドラマは多い。しかし、そうしたドラマは今後はテレビで見られなくなりそうだ。すでに自粛の動きが広がっている。




主演作品がことごとく上位

TSUTAYAが発表している年間ランキング。この中で韓国ドラマのレンタルランキングを見てみよう。
2011年は『トキメキ☆成均館スキャンダル』が2位となっている(この作品は2012年でも4位にランクされている)。ちなみに、2011年の1位は『美男<イケメン>ですね』だった。
2013年には『屋根部屋のプリンス』が2位だった。
そして、2014年は『会いたい』が1位となっている。
以上のように、パク・ユチョンが主演したドラマはことごとく日本で大ヒットを記録している。
これほど立て続けにドラマを大ヒットに導いたスターは他にいないほどだ。




こうしたドラマは、本来なら日本のBSや有料チャンネルで繰り返し放送されるはずだ。実際、そうしたチャンネルで韓国ドラマは最も人気が高いコンテンツであり、何度も再放送されるのが常だった。
(ページ2に続く)

韓国ドラマで同じ俳優があちこちに出てくる理由とは?

韓国ドラマに登場する典型的な悪女とは?

言い争う場面が極端に多いのが韓国ドラマ!

前半が面白くても後半に失速する韓国ドラマが多いのはなぜなのか

韓国ドラマは常に限界ギリギリの中で制作されている!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る