韓国ドラマに登場する典型的な悪女とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマには、それが現代劇であれ時代劇であれ、悪女がひんぱんに出てくる。彼女たちは嘘をつき、人を陥れ、自分の利益に固執する。そんな悪女たちが一番冷酷になるのが、血がつながっていない身内への仕打ちである。




血がつながっていない身内に冷酷

たとえば、夫が死んだときに夫の連れ子を文無しにして追い出す、なんて当たり前。自分がお腹を痛めて産んだ子供を守るためなら、「義」がつく親、兄弟、子供を徹底的に排除する……そんな場面を描いた韓国ドラマが今まで多かった。
「これほどの悪女がいるのか」
ドラマの話なのに、視聴者はあまりに感情移入しすぎて、架空の悪女を現実の存在のように錯覚してしまう。
そうなると、ドラマの人気はグッと上がってくる。韓国ドラマが執拗に悪女を登場させるのは、情にもろい韓国の視聴者たちの感情を逆撫でにして、「怖いもの見たさ」を増幅させるからかもしれない。
血がつながっていない身内に冷酷、と言えば、歴史的に文定(ムンジョン)王后の悪事がよく知られている。




彼女は11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった女性だ。現在、NHKの総合テレビで放送中の『オクニョ 運命の女(ひと)』にも登場しており、悪女ぶりが目立っている。
(ページ2に続く)

文定王后とは誰なのか?『オクニョ 運命の女(ひと)』の登場人物(前編)

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!女帝の手先として暗躍した悪女

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(明宗〔ミョンジョン〕編)

朝鮮王朝には3人の「陰の女帝」がいた!

韓国時代劇を面白くする「悪女たちの朝鮮王朝」

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る