超解説!海兵隊とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

膝を傷める人が続出する訓練は?

〔質問6〕
新兵訓練の中で特に厳しいのはどんな訓練ですか?
〔回答6〕
新兵にとって特に辛いのが「丸太体操」です。それは、10人くらいで太い丸太を持ち上げて、整列したまま何度も屈伸運動を繰り返す訓練です。しかも、厳しい状況を想定して雨の中や深夜に行なわれます。何度も屈伸を繰り返すので、膝を傷める人が続出してしまいます。
また、「ロープ渡り訓練」も過酷です。それは、3メートルくらいの高さに吊った50
メートルくらいのロープを腹這いになって進んだり、仰向けになって両手の力だけで渡っていく訓練です。ここでも身体を傷める人が多く出てしまいます。




〔質問7〕
なぜそこまで訓練が厳しいのですか?
〔回答7〕
海兵隊の訓練が厳しいのは、志願兵だけで構成されていることが大きな理由になっています。みんなが自ら望んで海兵隊に来ています。しかも、訓練が一番厳しいことで有名なのに、それでも海兵隊に来ようとしています。そういう志を持った人たちが集まっていますし、任務の重要さを考えると、軍隊の中でも海兵隊は極端に訓練を厳しくできる、と言えるでしょう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』。

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(前編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(中編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(後編)

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター

兵役中のスターがイジメを受ける可能性は?

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る