韓国が「ドラマ大国」になった根本的な理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

大家族主義への郷愁

もともと韓国は大家族主義で、かつては1つの家で多くの親族が同居していた。最近は核家族化も進んできて、大家族主義とは離れてきているが、ドラマが描くのは必ず大家族で、叔父さんや叔母さんまで居候しているという設定が多い。
現実は核家族が多くなっても、韓国人の中にある大家族主義への郷愁というものがドラマにうまく織り込まれている。それだけに、よけいにドラマに愛着が沸くのだ。
しかし、制作するほうは大変だ。




韓国は事前制作ドラマが非常に少なくて、ほとんどが撮影しながら放送するという「生放送」状態。制作スタッフも疲労困憊に陥る。そんな土壇場で底力を発揮するところが、いかにも韓国らしい。
結局、韓国がこれだけのドラマ大国になっているのは、ドラマが本当に好きな国民がいて、その人たちに応えようとしてテレビ局が制作に励み、なおかつ、演技に熟練した俳優たちの粒が揃っているからなのだ。

文=「ロコレ」編集部

韓国女性の生き方〔第1回〕

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

日本と違う韓国のビックリ(1)

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る