韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

嫁はつらいよ

高級なデパートで社員教育もしっかりしていると思うのが普通だが、決してそうではないのが韓国。一流ホテルでも建て付けが悪かったり水が詰まったり。苦情を言っても、「そう大げさに言うな」という感じ。チマチマしていないのが大陸的とも言えるが……。
さらに意見は続く……。
「服装を見るとよくわかる。韓国では若い人でも同じような格好をしています。日本ではもっと好きなように着ているのに」




「日本人は貯金しすぎ。使わないもの。反対に韓国人は凄い。老後どうするんだろ、というほど貯金をしないでお金をばんばん使う」
「韓国は女性が結婚したらミョヌリ(嫁)としてコキ使う。もう家のものという感覚ですから」
「夫は親孝行でもミョヌリ不幸」
「韓国の男性は親孝行だけど自分の親だけというのが嫌。もっと妻の親も大事にしてほしい」
話の中で「結婚したらミョヌリとしてコキ使う」という発言に生々しい現実感があった。日本の女性が韓国で暮らすのも、なかなか大変なようだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

韓国女性の生き方〔第1回〕

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

日本と違う韓国のビックリ(1)

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る