韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本の女性が実際に韓国に住むと、旅行のときには気づかなかった問題にいろいろと直面する。特に、どんなことを不満に思うのか。実際に体験した人の声を集めてみた。




日本と中国の真ん中

かつて、韓国に住む多くの日本女性を取材したことがある。彼女たちの話には生活感がしみついていて、とても参考になった。そのいくつかを誌上で再現してみよう。
まずは交通機関のマナーについて。
「人の性格で悩みますね。特に、地下鉄に乗るときもマナーを守らない人が多い。それに慣れるのに大変でした。『こういう社会なんだ』と割り切れればいいんですけど」
「トイレで順番を待っているときなんか絶対に許せない。こっちは必死に我慢しているのに、平気で順番を守らない人が多いんです。しかも、おばさんだけでなく若い人でも並びません!」
「韓国と中国の両方に住んで思ったのは、何につけても韓国は中国と日本の真ん中だということ。中国は順番を全然守らないけど、日本人は律儀に守る。韓国は守る人と守らない人が半々。土地柄がよく出ています」
さらに、多くの人が言っていたのが「バスの運転が乱暴」ということだった。




確かに、韓国の地方に行くと、バスが車体をきしませながら飛ばしている。しかも、狭い一車線の道路でバスが乗用車を猛スピードで追い越したりする。韓国ではバスの事故が割と多いが、それは運転の荒っぽさが原因となってしまっている。
しかし、中には「バスの暴走ぶりが結構好きなんですよ。あれだけは変わってほしくない」と言う人もいた。
韓国の物価の高さを指摘する意見も多かった。
「旅行気分ならいいけど、住むとなったらシビアです。お店ではちょっと日本語をしゃべれる店員さんが『日本円にしたら安いもんでしょ』とすぐ言ってくる。あれは頭にきますよね」
韓国でウォンを簡単に円に換算する習慣ができると駄目だ。ウォンはあくまでもウォンなのだ。




「韓国は日本と比べると生活必需品が高いです。特に、トイレットペーパーと洗剤!」
「日本の100円ショップで売っているものがこっちで3000ウォン(300円)くらいで売っていますから」
生活必需品が高いことは多くの日本女性が強調していた。
さらに……。
「Tシャツを買ったら、ロゴの縫い目があまりに雑でした」
「デパートでコートを買ったとき、腕が長かったから短くしてもらうように頼んだんです。ところが、右手だけちゃんと直って左手が直っていなかった。こんな高いものを買ったのに、なんでこんな仕打ちを受けなければならないのか」
その怒り……よくわかります。
(ページ2に続く)

韓国女性の生き方〔第1回〕

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

日本と違う韓国のビックリ(1)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る