日本と違う韓国のビックリ34

このエントリーをはてなブックマークに追加

効率的なお見合い

この「ランチタイムお見合い」は、業者が斡旋する場合もあれば、知人や友人に相手を紹介してもらい、双方で相談して決める場合もあります。1時間ほどのお昼休みでは、相手のことがよくわからないと思われがちですが、「好き嫌いは第一印象で決まる」と考える人が多いようです。
もちろん、ランチだけなら食事代がそれほどかからないのも人気の理由です。そして相手を気に入ると、その日の夕方か週末にさらにデートをします。
わりと効率的なお見合いなのかもしれません。




ちなみに、両親が勧めることの多い韓国のお見合いですが、会うのは本人同士の場合がほとんど。相手の家柄や経済状況などについては、双方の親が事前に調べています。
ごく稀に母親同士が出席することがありますが、あいさつだけ交わすと退席してしまいます。つまり、両親はお見合いの場では当人同士にまかせるのです。
それで、相性が良くて結婚が決まると、途端に両親が何にでも口を出してきます。そういう姿を見ていると、まるで両親のために子どもたちが結婚をするようなものです。やはり、まだ韓国では「結婚は家同士がするもの」という意識が残っているのでしょう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

日本と違う韓国のビックリ35

日本と違う韓国のビックリ(1)

韓国女性の生き方〔第1回〕

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る